パパ活における「顔合わせ」って何をするの? 顔合わせの内容やコツを解説!

パパ活における「顔合わせ」って何をするの? 顔合わせの内容やコツを解説!

パパ活は個人間の関係であり、はっきりとルールが決められているものではありません。

ですがそれをする人たちの間で少しずつ基本的な形が出来上がり、現在では定着したものも多くあります。

ここではその中の一つ「顔合わせ」について解説します。

目次

パパ活の「顔合わせ」ってどういうもの?

パパ活の「顔合わせ」ってどういうもの?

パパ活には、現在では一般化した基本的な流れがあり、「顔合わせ」はその中にある段階の一つです。

具体的にはパパ活アプリなどを利用したマッチングと、実際にお付き合いを開始する間に位置し、実際に対面して、お互いがどんな感じの人間で、どんな付き合いを望んでいるのか、フィーリングや具体的な条件を確認するために行います。

例えるなら結婚前のお見合いのようなものといったところでしょうか。

そこで合わなければ、そのままお別れというケースももちろんあります。

顔合わせの相場はどれくらい?

顔合わせの相場はどれくらい?

顔合わせでもらえるお手当の相場は、通常は5,000円~1万円程度です。

地域によって違いはあり、基本的には地方よりも都市部のほうが高めです。

個人間でのやり取りで決まることなので、相手の年齢や求める条件によって大きく変わることもあります。

また交際クラブなどでは、あらかじめ金額が決められていることもあります。

基本的にお茶などの支払いは男性持ちですが、お手当の中に交通費が含まれている場合と含まれていない場合もあるので、注意が必要です。

顔合わせをする時におすすめの場所!

顔合わせをする時におすすめの場所!

ホテル・ラウンジ

顔合わせでは定番の場所です。

ホテルのラウンジは雑多に人が行きかう場所で、入れ替わりも激しく、他人にさほど関心を寄せる人も多くありません。

それでいて開かれた場所で高級感もあり、飲食もできる。

人目が多いのでいざという時の安全も確保しやすく、仕事の打ち合わせなどでもよく使われている場所で、悪目立ちしません。

開かれた良い雰囲気のカフェ

比較的開かれたオープンなカフェも、ホテルのラウンジに次いで顔合わせが多く行われる場所です。

どんな人がいても不思議ではないですし、年の差がある男女の組み合わせでも落ち着いて話をすることができます。

また女性の側からしても初対面の相手と二人きりになってしまうことがないので、警戒心を持たずに安心して話ができるでしょう。

顔合わせの時間について

顔合わせの時間について

顔合わせの時間は1時間くらいが相場、長くても1時間30分程度です。

基本的には条件面の確認や、これからの付き合い方について擦り合わせをすることがメインで、その中で相手とのフィーリングを確かめ合います。

お手当も5,000円~1万円くらい、デートではないので、あまり長くいすぎるのもよくありません。

短く切り上げることで男性にまた会いたいと思わせることもできるので、少なくとも一緒にいることに飽きてしまわない程度にしましょう。

顔合わせの時はどんな服装が良い?

顔合わせの時はどんな服装が良い?

女性らしさが出ている

パパ活に男性が求めているのは、若い女性とお付き合いすることです。

そのため、一緒にいて楽しくなってくるような女性らしさが出ていることは大切です。

指定などが無ければ、パンツルックなどボーイッシュなものは避けましょう。

プロっぽくなく、素人感が出ている

パパ活をする男性は、女性にプロっぽさは求めていません。

プロで満足するならば、風俗系などそれ専門のサービスを利用したほうが早いでしょう。

あえて自身でパパ活をして求めているのは素人感。

あまり慣れていない感じも必要です。

清潔感・清楚さを意識する

また男性とお付き合いをするならば清潔感は必須。

単に清潔にしているというだけでなく、髪形を整っていたり、服がしわになっていないといった小綺麗さ、品の良さも大切です。

疑似恋愛的なものを求めるパパも多いので注意しましょう。

派手でも地味でもないものを

プロっぽくなく、清楚で清潔感のある服装となれば、派手な服装ではないと大体の見当はつくでしょう。

しかしだからと言って地味すぎるのもよくありません。

女性らしさ、魅力も損なわないバランス感覚を意識しましょう。

色気も適度にあると良し

さらにその中にほのかな色気もあると、パパへの印象は更によくなることが多いです。

難しさはありますが、男性は女性に対して清楚さを求めつつ、最終的にはセクシーさも求めているという複雑な構造があるので、どちらも持ち合わせている女性はかなり魅力的に映るでしょう。

顔合わせの際にはどんな内容を話す?

顔合わせの際にはどんな内容を話す?

お互いの呼び方について

パパ活では恋人のようにお付き合いすることになるので、お互いの呼び名は必須です。

大抵はまず本名は明かさずに付き合う前提で、本当の恋人同士のように親しくするか、ある程度のリスペクトを持って付き合うかなど求める関係によっても変わるので決めておきましょう。

アプリのメッセージで決めた条件等の確認

顔合わせの前に、二人が出会ったアプリのメッセージにてお手当の金額や、交際方法などについてある程度の取り決めはしていると思います。

そのことについての再確認や、細かい部分の詰めを対面であらためて行います。

中には曖昧なまま自分優位に運ぼうとする男性もいるので注意しましょう。

自己紹介を簡単に

初対面であれば自己紹介も必須ですよね。

基本的な情報を共有し合うことで、互いに寄り信頼感を高めます。

パパ活という特殊性から、プライバシーにかかわる個人情報は最初は明かしません。

年齢や趣味、性格など当たり障りのない必要な情報を交換します。

なぜパパ活をしているのか、その理由

パパ活をしている理由について、相手から聞かれることも多いので、いつでも答えられるように準備しておきましょう。

遊ぶお金のため、など正直な答えも関係性やキャラクターによってはありですが、学費のため、夢を叶えるため、家族を支えるためなどが受けがよく無難です。

交際方法について、今後の約束


交際方法はもっとも重要なことだと言えます。

こちらも事前にアプリのメッセージでやり取りしたことの確認です。

お茶や食事だけの関係か、趣味や旅行などにも付き合うか、また大人の関係になるかどうかなど、行き違いが無いようにしましょう。

そして問題が無ければ、次回以降の会う約束をします。

パパ活で顔合わせをするまでの流れ

パパ活で顔合わせをするまでの流れ
STEP
顔合わせの交渉をする

まずはパパ活アプリで出会った男性と、顔合わせをするか否かの交渉です。
互いの熱心さにもよりますが、条件が合っていて問題なさそうな相手ならば、まず会ってみるのも良いでしょう。

STEP
日時と場所を決める

日時、場所共に男性主導で進められることが多いです。
特に問題なければ相手に合わせましょう。ただできるだけ駅近など、自力で帰ることのできる場所のほうが、トラブルなどあった際に安全です。

STEP
リマインドもしておこう

前日には「お会いできるのが楽しみです」などリマインドもしておくと、行き違いもなく安心です。

STEP
待ち合わせ

少なくとも最初は、基本的にパパより先に来ているほうが好ましいです。

STEP
顔合わせ

パパと会えたら、そのままカフェなどへ向かい、ここまでで解説したような会話をしましょう。


パパ活の顔合わせが上手く行く7つのポイントを紹介!

パパ活の顔合わせが上手く行く7つのポイントを紹介!

顔合わせのお手当は帰り際に

パパ活のお手当は安全面などを考えて先に貰うのが基本ですが、顔合わせに関してはその限りではありません。

はじめからお金にがめつい相手と思われても損なので、お手当の話題に触れすぎないようにしましょう。

もし最後に相手がお手当を出し渋るようであれば、その後も期待できないので切ってしまうのも手です。

値下げ交渉には安易に乗らない

顔合わせの段階で、はじめに言っていた金額の値下げを持ちかけられることがあります。

パパ活できるならとつい乗ってしまいがちですが、簡単に要求を呑む相手として舐められてしまうこともあります。

むしろ自分の価値は下げないと思われたほうが今後のためにも良いです。

顔合わせの時間は引っ張りすぎない

顔合わせはできるだけ60分以内で終わりにしましょう。

話が盛り上がったとしても、少し物足りなさを感じさせて次も会いたいと思われたほうがその後もうまく運びます。

逆にダラダラと話しすぎて飽きられてしまえば、次につながらない可能性もあります。

コミュニケーションは相手の目を見て

人とコミュニケーションを取る時には相手の目を見ることが原則です。

目を見るという行為は相手への興味のあらわれも示すので、男性として嫌な気分にはならないでしょう。

逆に視線が合わないと、冷めていて、こちらに関心のない人間だと思われてしまいます。

スマホを見すぎない

誰と一緒にいても、相手がスマホばかり見ているのは気分が悪くなりますよね。

相手に対して真剣ということをわかってもらうためにも、できるだけスマホは見ないようにしましょう。

男性としても自分以外のことが大事だと感じられ、印象が悪くなります。

基本的なマナーはしっかりと

挨拶やお礼などのマナーはしっかりと忘れずに、第一印象を良くするよう努めましょう。

それ以外にも落ち着いや余裕感や、話をしている時の愛想など、出会いは第一印象がとても重要です。

その後もその印象に引っ張られるので、はじめが肝心ということを忘れずに。

大人の関係にはすぐに応じない

大人の関係がある程度OKだとしても、初回から応じてしまうのは安全のためにもあまり良くありません。

一度関係を持つと態度がどう変わるかわからず、また簡単な女性と見られてしまうこともあります。

「まずは信頼関係を築いてから」といい、むしろ期待を高める方向に持って行きましょう。

パパ活の顔合わせで気をつけるべき点

パパ活の顔合わせで気をつけるべき点

マナーはしっかりと、時間は厳守

パパ活では第一印象が大切です。

またパパ活をする男性の多くは年下女性に対して真面目さや慎ましさを求める傾向があるため、マナーや礼儀などもしっかりと心得ていると好印象です。

約束の時間には遅れないように、パパよりも先に来て待っているような態度が好感度アップになります。

個室・密室など二人きりは避ける

大人の男性相手では、いざとなれば女性では力ではかないません。

よく知らない男性と会う時には事前に自衛の手段を持っておくことが大切です。

そしてまず何よりも、そうした状況を呼び込まないことが重要。

個室や密室など、二人きりになってしまうような状況はできるだけ避けるようにするのが肝心です。

個人情報はできるだけ漏らさない

パパ活では身バレにも細心の注意を払わなければなりません。

得に信頼関係を築けていない相手に個人情報を知られてしまえば、どのように悪用されるかもわからないので危険です。

本名や住所、勤務先や学校などを自分から漏らさないようにすることはもちろん、学生証や社員証なども持ち歩かないほうが無難です。

手荷物の隙は見せない

手荷物なども中を見られないように注意しましょう。

仮に身分証明書などを持たないようにしても、ちょっとしたメモなどどこから相手に自分の情報が知られてしまうかわかりません。

席を離れる時でも男性が勝手に荷物の中などを調べられないよう、セキュリティに意識を払うようにしてください。

尾行や盗撮・盗聴に気をつける

よく知らない相手ならば尾行・盗聴・盗撮にも要注意です。

中にははじめからパパ活をする気はなく、そうしたことが目的で近寄ってくる者もいます。

そうでなくともプライベートで行く先や家の住所、映像などは十分な弱みとなり、何に悪用されるかわかりません。

できるだけ自衛の手段・意識を持ちましょう。

まとめ

パパ活において顔合わせとは、実際にお付き合いをする前に条件のすり合わせをしたり、フィーリングの確認を行うものです。

第一印象が良くなるように意識すること、そして危険な相手かどうかをしっかり確認することも大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

交際クラブは、素敵な男性と出会えますが、中には悪質な業者や地雷パパも存在するため、しっかりと情報収集をして、安全に利用することが大切です。
私のブログでは、交際クラブ選びのポイントや、実際に体験したデートクラブの口コミ、お手当ての交渉の仕方、おすすめデートスポット、恋愛テクニックなど、様々な情報を発信していきます。

目次