パパ活でLINE交換する際の注意点!交換のタイミングや断り方

パパ活でLINE交換する際の注意点!交換のタイミングや断り方

現在、ちょっとした知り合いや仕事関係の付き合いなどでもLINEを交換するのは当たり前ですよね。

ですがパパ活にあまり慣れていない時に、相手からLINEの交換を求められたらどうでしょうか。

そんなちょっと難しいパパ活でのLINE交換について解説します。

目次

パパ活用アプリでLINE交換を求められたらどうする?

パパ活用アプリでLINE交換を求められたらどうする?

LINEは安全性を考えるならば、よく知らない相手との交換には慎重になるべきです。

ですがたとえば複数アカウントを持っていて、パパ活専用として使っているものがあるならば、その限りではありません。

相手との関係性や、信頼関係をどれだけ築けているかによっても変わってくるでしょう。

ただし太パパをがっちりと捕まえておきたいならばLINE交換は必須です。

変に拒否をすれば他に流れられてしまう可能性もあるためです。

また相手が既婚者の場合には、家族バレも考えればあまりしないほうが良いでしょう。

場合によって相手の家族に詰め寄られる可能性も無くはありません。

もっとも、既婚男性自身がバレれば大変なので、交換したがらないことのほうが普通です。

パパ活においてLINEを交換するメリット

パパ活においてLINEを交換するメリット

いつでも連絡が取り合える

現在、大人で特別なこだわりが無ければ、LINEを使っていないという人もほとんどいませんよね。

誰もが日常的に使っているツールなので使いやすいですし、いつでも連絡を取り合うことが簡単です。

パパ活ではちょっとしたスキマ時間ができた時に二人のタイミングが合えばすぐに会うことも可能なので、LINEで繋がっていることはタイムラグもなく、便利でしょう。

LINE Payが使える

LINEに登録している人は、独自の決済サービスであるLINE Payを利用することができます。

LINE Payでは買い物だけでなく個人間での金銭の受け渡しも可能で、しかも本名などを教える必要もありません。

パパ活のお手当は現金が原則ですが、スマホによる決済でも誤魔化されることはないので、手軽な代替手段として有用です。

嫌ならばブロックできる

LINEにはブロック機能が付いているので、もう連絡を取り合わない相手や、しつこい相手などはそれで完全にシャットアウトすることができます。

LINEを交換することには一定のリスクも伴いますが、いざという時はブロックしてしまえば追跡することはほとんど無理になるので、困った時には便利です。

そうした機能が簡単に使える点もメリットと言えるでしょう。

パパ活においてLINEを交換するデメリット

パパ活においてLINEを交換するデメリット

既読が付くので無視しにくい

LINEではメッセージを見てしまうと既読マークが付き、見たことが相手にも知られてしまいます。

既読マークがつかなければ、まったく気が付かなかったことにして相手のメッセージを無視することもできますが、そうでなければ返事をしないと気まずくなってしまいます。

そうしたこちらの行動を一部でも知られてしまうのはあまり良くないことでしょう。

個人情報がバレるケースもある

LINEでは、状況によって交換した相手のタイムラインを見ることも可能です。

タイムラインには本人の雑多な情報が流れるので、たとえば家族や、恋人がいればその付き合いも見られてしまうかもしれません。

その中で本名も普通に使っていれば、本名がバレてしまう可能性もあるので気をつける必要があります。

やり取りを晒されるかもしれない

芸能人などでも、LINEでのやり取りがスクショされて晒されるというのはもはや定番ですよね。

被害が最も大きいのはそうした人々ですが、とくに有名ではない個人間でもこうしたスクショを晒し合うのは日常です。

そのため、何かがあった時に自分とパパとのやり取りをネットで晒されてしまう可能性もあります。

誤爆の可能性がある

LINEの上でたくさんのやり取りをしていると、たまに誤爆してしまうこともありますよね。

本来送るべき相手ではなく、全然違う人に関係のない内容を送ってしまうこと。

それが友人同士ならば笑い話で済みますが、プライベートを仕事のLINEで晒してしまったら恥ずかしいですし、ましてパパ活だったら、どちらに誤爆してもかなりの被害が出てしまいます。

パパ活でLINE交換のタイミング

パパ活でLINE交換のタイミング

積極的な男性だと、会ってすぐにLINEの交換を提案することも珍しくありません。

早ければ初期のメッセージでのやりとりで提案してくる人もいます。

しかしもちろんこれは安易に乗ってしまうべきではないでしょう。

最悪の場合、悪質な業者ということもあり得ます。

まずは数回デートして、ある程度信頼できる相手だと分かってからのほうが間違いありません。

相手にもそう説明すれば、まともな男性ならばまず納得してくれるはずです。

パパ活でLINEを活用するならば意識しておきたいマナー

パパ活でLINEを活用するならば意識しておきたいマナー

連絡していい時間帯は事前に確認しておこう

LINEは相手に通知が入るので、仕事中やパパ活を知られない相手と一緒にいる時には開きにくいものです。

どの時間に連絡するのが良いのかは事前に確認しておきましょう。

またそうすることでこちらの都合も相手に知ってもらうことができます。

待たされすぎて相手がイライラすることも減るのでおすすめです。

お誘いは原則的に男性側からのを待つ

普段からのやり取りは概ね自由ですが、デートのお誘いは基本的に男性側から来るのを待ちましょう。

相手にも都合があるので、予定が詰まっている時にたびたび誘われると印象も悪くなってしまいます。

女性側は原則として待ちという意識を持つことが大切です。

既読無視はしないようにする

LINEのマナーとして既読無視は厳禁です。

メッセージが来ていることを知っているのに返事をしないというのは普通に考えて気分が悪いものですよね。

ただし逆にパパに既読スルーをされた場合は、悲しいですが理解をしておくほうが無難です。

仕事や家族関係などでなかなかすぐには返事をできないこともあるためです。

デート後はお礼メッセージを忘れないように

デート後のメッセージはこちらから、必ず忘れずに楽しかったという気持ちや、お礼を忘れずに伝えましょう。

そうすることでしっかりとした女性であることを印象付けられ、パパもまたすぐに誘ってあげたいという気分になります。

こちらはあくまでお手当をもらう側、という意識が常にあるほうが関係はうまく行きやすいです。

相手との距離感に注意

LINEの交換は二人の距離を一気に縮めてしまう可能性があります。

男性にとってみてもLINEの交換は一つのハードルであり、それを乗り越えたことによる達成感も少なくありません。

そのため距離感を間違えて急に馴れ馴れしくなってくるような人もいるのです。

また女性側にも同じことが言え、LINEを交換したからと言って急に距離を詰めすぎない、詰めさせすぎないことが大切です。

LINEを教えたくない場合の断り方

LINEを教えたくない場合の断り方

簡単にLINEを教えられない理由を伝える

まず大切なのは、お相手の男性だけが拒否の対象ではないというのを伝えること。

実際のところはどうであれ、他の人とは交換しているけど、自分だけ嫌がられてるとは思いたくないものですよね。

そのため、簡単には自分から交換できないという何らかの理由を作っておき、相手に伝えます。

例:「すみません。まだ知り合ったばかりのお相手とは、誰とでもすぐに交換しないことにしているんです。もう少し深くわかり合ってからにしませんか?」

他の連絡方法を提案する

もしも他に手頃な連絡方法があるならば、それをLINEの代わりにしてもらうというのも一つの方法です。

メールやカカオトークなど、LINEとにたツールや、匿名性を高くできる方法も別に持っておくと安心です。

例:「ごめんなさい。以前に怖い人とトラブルになってしまったことがあって、それからLINEを交換するのが怖くなってしまっているんです。LINE以外の方法ならばそこまで怖くないので、他の方法で連絡を取り合えませんか?」

LINE交換を断る時に気をつけたいポイント!

LINE交換を断る時に気をつけたいポイント!

拒否の気持ちを強く出しすぎない

相手にとって、交換を断られるということは拒否にも近い感情を受けることになり、気分が良いものではありません。

なので断るにしてもあまり拒否感を出しすぎないよう、相手を不快にしないように気をつけましょう。

嘘の理由を言う場合には絶対に隠し通す

先にも触れたように、断るためにはわかりやすい理由を作っておくことも大切です。

しかしそれは嘘でもあるので、後でトラブルにならないよう隠し通しましょう。

また安易にバレてしまわないような嘘にすることも重要です。

曖昧な解釈をされないよう、できないということははっきり伝える

自分ではきちんと伝えたつもりでも、相手には伝わっておらず、何らかの勘違いをさせてしまうケースもあります。

そのため他の部分は曖昧にしても、LINE交換を「できない」という部分は忘れずしっかりと明言するようにしてください。

LINE交換で不安を残さないため事前にしておくべきこと

LINE交換で不安を残さないため事前にしておくべきこと

表示名はニックネームに変えておく

LINEで最も気をつけたいのは、交換相手に対する情報の流出です。

特にLINEは仕事やプライベートも兼ねていることが多いため、情報が混同されて伝えるべきではない相手にも伝わってしまいがちです。

もしも普段から本名でやり取りをしている場合には、表示名をニックネームに変更しておきましょう。

タイムラインを確認して、整理や削除をしておく

タイムラインでは自分の情報が雑多に流れてしまうため、知られたくない相手にプライベートな情報が簡単に見られてしまいます。

タイムラインの設定をしている場合には、その中に見られたくない、見られてはいけない情報がないかどうかきちんと確認をして、必要があれば削除するなど整理しておきましょう。

LINEの通知はオフの設定に

パパ活にもLINEを利用するならば、通知は基本的にはOFFにしておいたほうが無難です。

少し不便にはなるかもしれませんが、家族や恋人といる時に通知が鳴ったらスルーするのも不自然なので、確認をしなくてはならなくなるかもしれません。

それでパパ活がバレてしまうこともあるので、通知が来ないようにしましょう。

LINEを交換する時にはQRコードでする

LINEを交換する方法はいくつかありますが、QRコードを利用する方法が匿名性も高く便利です。

QRコードはその時だけのもので一定時間が過ぎれば無効になり、交換以外の目的のために解析することもできません。

IDは個人特有のもので変更もできないので、一度知られてしまうと相手によっては危険です。

危険を感じたらすぐにブロック

LINEはブロック機能を使うことで、相手とのやり取りを一切絶つことが可能です。

パパ活のお相手は基本的に他人であり、深く知り合うまでは未知の存在です。

場合によってはストーカー化など、危険になることもあります。

もしも何らかの危険を感じたならば、すぐにブロックして二度と関わらないのが無難です。

LINEの代わりとして使えるトークアプリ

LINEの代わりとして使えるトークアプリ

カカオトーク

アプリ:https://www.kakaotalk.jp/

カカオトークは実はLINEよりも歴史のある、韓国発のメッセージアプリです。

韓国ではLINEを上回るシェアを獲得しており、機能的にもLINEとほとんど同じなので、LINEのアカウントを別に作れない場合には、パパ活向けの連絡用として使用している人も多くいます。

相手もアプリを入れる必要がありますが、そのハードルを乗り越えれば使いやすいです。

Gmail

URL:https://www.google.co.jp/mail/help/intl/ja/about.html?vm=r

GmailはGoogleから提供されているフリーメールです。

メールというとLINEに比べて少し使いにくいイメージがあるかもしれませんが、専用のアプリもあり、便利機能もたくさんあるので慣れると使いやすいです。

またアカウントを簡単に作ることができるので、アカウントによって用途を使い分けることも可能です。

パパ活でLINE交換のタイミングや断り方のまとめ

LINEは慣れた相手とのやり取りであればシンプルで便利なアプリですが、個人情報が洩れる危険もあるので、安易に交換することはおすすめできません。

信用できる相手かどうかを見極め、場合によって違うアプリを利用することも検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

交際クラブは、素敵な男性と出会えますが、中には悪質な業者や地雷パパも存在するため、しっかりと情報収集をして、安全に利用することが大切です。
私のブログでは、交際クラブ選びのポイントや、実際に体験したデートクラブの口コミ、お手当ての交渉の仕方、おすすめデートスポット、恋愛テクニックなど、様々な情報を発信していきます。

目次